UVランプについて

 

ジェルネイル用UVランプについて当店の見解。

 

紫外線には「UVA・UVB・UVC」と波長が3種類あり、これまで 「UVA波」は発がん性リスクが全くないとされてきました。 そのため、日焼けマシンにはUVA波を照射するランプが使用されており、 ジェルネイル用UVランプでも日焼けしない程度の弱いUVA波を照射するランプが使用されています。

2009年7月29日、世界保健機関(WHO)の外部組織「国際がん研究機関」は、 「人口的に紫外線を当てるサンベッド(日焼けマシン)を30歳未満から使用し始めた場合皮膚癌になるリスクが75%増加する」と発表しました。
http://www.iarc.fr/en/media-centre/iarcnews/2009/sunbeds_uvradiation.php
発表内容は日焼けマシンにのみ言及されていますが、これによりジェルネイル用UVランプも発がん性の危険があるとマスコミに報道され、ジェルネイルを一時中止するネイルサロンも出てきております。

メーカーはジェルネイル用UVランプのUVA照射量、照射時間から使用による危険性は極めて少ないと発表しており、当店でも同様の見解であることから「UVカットハンドクリーム」を塗布させて頂いたうえでジェルネイルの施術を継続させて頂いております。
しかし、施術させて頂いたお客様が将来にわたり「100%発がんする危険性はない」と保障出来るものではありませんので、お客様ご自身のご判断でネイルを楽しんで頂けたらと思っております。

ちなみに日焼けすることを目的とし、1万〜2万Wもの出力で長時間照射する日焼けマシンと比べ、ジェルネイル用UVランプはわずか「36W」で照射時間も1回の施術につき10分ほどです。
太陽から降り注いでいる紫外線も当然UVA、UVB波ですしこれらも完全に遮断するとしたら普通の生活すら困難になります。

nail dresser Daisy ではお客様のリスクを最小限に抑えながら、今後も素晴らしいジェルネイルシステムをご提供してまいります。

HOMENailアルバムネイリスト紹介ご予約についてメニュー&料金アクセスよくあるご質問ネイル用品販売キャンペーン

Copyright © 2008-2010 necessary. All Right Reaserved